*はなのかふぇ*

イラストレーター&主婦な日々を綴ります
SMAPとかわいいもの、あまいものがすき。

☆HP☆   http://hananocafe11.com

♪リンク張るときは一言連絡してねっ♪

♪ イラスト・写真は無断転載・複写・無許可で使用はしないでねん、お願いっ♪

  Copyright(C)Kaori Hashitsume. All Rights Reserved.
♪署名活動のこと(2)♪
0

     

     

     

     

     

    つづき。

    <<署名活動に際しての思い>>

     

     

    私も最初は「署名」をファン以外の方にお願いするというのは

    とても気が引けて、自分の名前を友人の用紙に

    一緒に記載させてもらうだけにとどまっていました。

     

     

    迷ってました。

     

     

    彼らを引き止めていいのだろうか。

    この一年の流れがおかしいのはわかっている。

    彼ら自ら「別々の道を歩こう」と決心し、

    そこからスタートして「解散」という結論までに至ったのではない、

    それだけは、わかっている。

    でも、人の心は置かれた状況とともに動くもの。

    もし、色々な経緯から「本当にもう無理」な事情があるのだとしたら?

    ファンの願いが彼らを苦しめることになるのではないだろうか。

     

     

    「SMAP存続並びにグループ活動の継続願い」というタイトルに

    自分もこんなに迷っているというのに、

    他の人を巻込む気持ちになれなかったんです。

     

     

    私がお願いすれば、あんまり気が進まなくても

    「良いよ」と言って書いててくださる方も多いでしょう。

    それも、気恥ずかしく、申し訳なかった。

     

     

    しかし締切が近づくに連れ、気持ちが変わって行きました。

     

     

    他のファンの方はどう考えていらっしゃるかはわかりません。

    心の底から、この署名の力を持って解散を引き止めたいと

    願って活動された方もたくさんいらっしゃるでしょう。

     

    もちろん、これが引き金となり大きなうねりとなって、

    何かが変わるかもしれない可能性はゼロではない。

    でも、実際問題、この署名自体で今年中にどうこうなるとは、

    正直そこまで甘くないだろうとは思っています。

    社会的な、契約とかそういう問題もあるでしょうし。

     

     

    じゃあなんのために?

     

     

    「応援している対象の活躍を求めること、

     求め続けることはファンにしか出来ないこと」

     

    だから。

    これは「世界に一つだけの花」購買運動の時も同じように考えたのですが、

    やはりその結論で合ってるんじゃないかな、と。

     

     

     

    いままで彼らががんばって来た道を汚すような、

    私たちが長年見て来た彼らの姿とはほど遠い

    酷い報道が続く中で、一般の方達にも現状を

    知ってもらいたいという思いもありました。

     

    でも一番は、「やめないでずっといて欲しい」と

    言う気持ちを彼らに届けたい。

    こんなにたくさんの人が求めてるよと。

     

     

     

    芸能人なんて人気商売ですから。

    人気なくなったら終わり。

    求めてくれる人がたくさんいてこそ成功する商売。

     

    「やめるわー」「あ、そう。がんばってね」

     

     

    と次にいかれたら

    今までやって来たことはなんだったんだってなると思う。

     

    一般のひとは

    「やめたいって言ってるんだからやめさせてやれよ、

     ファンのエゴだろ」

    なんていう。わかってねーなー(笑)

     

    ファンが引き止めないで、誰が引き止める。

     

    極端な話、ポーズだけだとしたって一旦は「やめないでー」

    っていうのはファンたるものの義務ですらあると思うのよ。

     

     

     

    だいたい、やめたいなんて言葉聞いてないし。

    「無念です」なら聞いたけどな。

     

    (ここがすごく重要なんだけど

     ま、この辺のことは別に書きますわ…長くなるから。)

     

     

     

    署名活動の主宰の方も、

     

    「難しいことはわかっているが彼らがもう一度やりたいと思った時、

    帰ってきてもいいんだよという思いを伝えたかった」

     

    おっしゃっているしね。

     

    今は難しくても、もし、またやろう、という状況になれたら…

    とは言ってもそれはまたとても過酷なことだろうから、

    その時にこの署名がこんなに集まったことを思い出して、

    後押しする力になってもらえたら。

     

    SMAPが25年間やって来たことが、

    ちゃんと届いている「証」を目に見える形にしたい。

     

     

    そんなふうに迷いを振り切り、友人知人の皆さんにも

    協力をお願いして回ることにしたのでした。

     

     

     

    こうして様々な思い出ファンが動いて、そして

     

    「ファンじゃないけどいなくなったら寂しいよねー」

     

    という思いを持つ一般のひとたちの気持ちもすくいあげて

     

    37万3,515筆

     

    もの数字になったと思うのです。


     

     

     

     

    <<その後・提出について>>

     

     

    さて、これだけ集まって、
    主催者さんたちが寝食忘れてまとめてくださった署名、
    今どうなっているかと言うと。


    まだ提出されていません。



    提出先はジャニーズ事務所とメンバーの5人宛でしたが、
    そういったファンからの署名を含むファンレター等は
    ジャニーズファミリークラブと言うファンクラブが窓口になっていますので、
    主催グループはそちらに直接持ち込んで手渡しすることを考えており、
    そのことについて打診もしていたそうです。

    しかし最終的な数が出て提出、となった段階で改めて問い合わせたところ

    今使用しているビルの移転中で窓口が閉まっている、
    業務再開までは受け取ることも対応することも、
    他のファンへの手前もあり絶対に出来ない

    と言われたとそうなんですね。

    窓口が開くのは年が明けてもまだはっきり見込みは立っていないそうで。
    SMAPが活動するのは年内、と言う期限付きなのに
    年明けじゃ…ね…?

    ただ、受け取らない、と言っているわけではなく
    「ほかのファンレター同様、郵送にしてください」とのこと。

    ならば郵送するにしてもただのファンレターではない、ものがものだけに
    「きちんと受け取って頂けたことを証明できる
    受領証だけでも頂けたら」とお願いしても
    その義務はない、と受け付けてもらえないそうです。

     

     

     

     

     

    まあ、私にとっての意味合いはファンレターみたいなもんですが、

    ファンレターでは…ないですよね…。

    協力してくれた方は「ファンレター書いた覚えはないぞ!」

    っておっしゃるんじゃないのかしらーん。

     

     

    今後の提出方法につきましては鋭意検討中だそうです。

     

     

    協力してくださった皆さんには申し訳ないんですが、

    現在そんな状況です。

     

     

    この一連の署名活動と、

    事務所側の対応について

    どんな風に受け取るか、考えられるかは人それぞれだと思います。

     

     

     

    とりあえずは、ご報告でした。

    ほんとにほんとにありがとうございました!

     

    JUGEMテーマ:SMAP

    17:05 | SMAP | comments(1) | trackbacks(0)| - | - |
    ♪署名活動のこと(1)♪
    0

       

       

      とうとう12月になってしまいました。

      もう、今年も終わり。

       

      いろいろとおもうところはあるのですが、

      とりあえず署名活動のことをかいておかなければなりません。

      やっとYahoo!ニュースにも載ったらしいし。
      相変わらず長いので二回に分けます。




       

      <<まずご報告>>

       

      「SMAP存続並びにグループ活動の継続願い」と

      題され9月中旬からスタートしたこの署名活動。

       

      先週11/28日に集計結果が発表されて、

       

      37万3,515人分

       

       

      の署名が集まったそうです。

      このことは同日朝日新聞の夕刊にも取り上げてもらえました。

       

       

      締切当初は10万人、最終集計間近では25万人超になりそう、

      と聞いてびっくりしてて。

      まあ、30万はいかんだろうけどもう少しは伸びるよね、

      なんて言ってたら

      最終的に私の出身地旭川市の人口より多かったという(笑)

       

       

      ファン発信ですが少なく見積もっても半分以上は一般の方々の

      ご協力によるところだと思います。

      ファン一同、床に頭こすりつけてお礼をお伝えしたい次第です。

       

      この活動は関西在住のファングループによる発案で

      街頭に立つ等ハデなことはせずにTwitterを主とした

      ファンのコミュニティー内で草の根で広がっていきました。

       

      50人ほどの主宰メンバーは皆さん普通の会社員や主婦の方で

      ご自分の日々の生活を送りながら粘り強く呼びかけ、

      大量に送られて来た用紙の集計・製本等の作業を行って下さり、

      本当に頭の下がる思いです。



       

       

       

       

      <<ご協力いただいた皆さんへ感謝>>
       

       

          


       

      私も閉め切り間近でしたが、仙台で知り合った皆さんと

      上京した際に友人知人の皆さんにお願いして

      一週間で90人以上の方に署名して頂きました。

       

      「アイドル」と「署名活動」と言うテーマと行動が釣り合わない、

      しょーもない上に重たいお願いなのに

      「いいよ!私もSMAPが解散するのイヤだから!」などの

      温かい言葉とともに皆さん快く協力してくださいました。

       

      上京中に会えなかったのでお願いしなかった友人は

      LINEで「まだ出来るなら、するよ」と申し出てくれて。

      その言葉に甘えて投函用の封筒とともに

      一人分のつもりで署名用紙を一枚送ったら、

      ママ友仲間の飲み会を開いて友人たちを召還してくれて

      用紙ぎっちり埋めてくれたのにはホントに感激しました。

       

      他にも「代筆で書いてください」と自ら申し出てくださった方や

      いらっしゃるお客様にもお願いして集めて下さった方や…

       

      みんな、長い間SMAPに夢中で騒ぎまくっている

      くだらない私の話を、いつも呆れながらも笑って聞いてくれて。

      そんな私の気持ちを察して、快く受けてくれて。


       

      主催者さんに送る時に、集まった署名を並べて確認していたら

      ひとりひとりの顔が思い浮かんで

      珍しく涙が止まらなくなってしまいました。

       

      ああ、思い出して書いてても泣いちゃう。


       

      署名に協力して下さったと言う事実ももちろんですが、

      こんなおバカな私を受け入れてくださっている

      皆さんの温かさを改めて実感し、

      感謝で胸がいっぱいになりました。

       

       

      迷いつつこの活動に参加した経緯、

      そして結局今その署名はどうなっているのか…等
      (2)へつづく。

       

       




       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:SMAP

      11:47 | SMAP | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      ♪マスキングテープを作った♪
      0

         

        オリジナルのキャラの子にビストロのコスプレさせたイラストがあるんだけど、

         

         

         

            

         

         

        このこたちを、マスキングテープにデザインして、発注してみた。

        初めてで不安だったのでまず200個。

        1.5mm幅で10m。

         

         

        散々探してすごく良い業者さんを見つけた。

        個包装、それと表裏両面にシールはってくれるのも込みで日本製なんて

        他の業者さんと比べて破格のお値段なのだ。

         

        出来て来たらとっても良くて感動。

         

        ただ、注文してから届くまで約一ヶ月かかるのが難点…

         

         

         

         

         

         

                           

         

        仕上がりはこんな感じでした。

         

         

         

         

         

         

         

         

        私はいちおう、曲がりなりにもイラスト描いてお金頂いているので

        彼らに似せたイラストの商品を作って売るのは肖像権とかいろいろ問題あるかなと。

        そういった理由で、オリジナルキャラにコスプレってことで

        ギリギリライン保ってます。

        わかる人にはわかるかな、程度で。

         

        各所へのハガキ作戦に使ってもらえたらな、と。

         

         

        そして買ってもらえた純利益は「世界に一つだけの花」購入に回そうと思っているの。

         

         

        友達にまず「一個320円でいる人いないかな?」って回したら

        みんな人脈すごくて、あっという間にほとんど売約済みになってしまって

        二日間であと20個弱になってしまった。

         

         

         

        もう200個注文するかどうか…迷う。

        今から注文しても出来てくるのは月末だし…。

         

         

         

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:SMAP

        13:37 | SMAP | comments(7) | trackbacks(0)| - | - |
        ♪ファンイベントに参加したよ♪
        0



          一週間前の10/22日、東京で開催された、

          SMAPファン自主開催イベントに参加させて頂きましたよ。



          このイベントはSMAPのいちファンの女の子が企画してくれたもの。

           

           

          このイベントを開催するにあたって相当な資金が必要で、

          主催者さんはそれを「CAMPFIRE」っていう「クラウドファンディング」を

          使って資金調達したのね。→『25周年おめでとう!〜Small Fan Party〜』

          最近ちょいちょい聞きはするけどなんのこっちゃよーわからん、

          な私のような人間までもがこの機会に学ばせて頂きましたよ。ありがたや。

           

           

          イベントに参加希望のファン中心に結局

          2600人近い人がパトロンとなり

          1200万円以上集まりました。

           

           

           

          このイベント、企画開催するにあたって
          著作権等を侵害しないように細心の注意が払われていて、
          イベントタイトルやコピー等にも一切SMAPの名前は出さず
          映像ももちろん使用せず、当日使用する楽曲はJASRACに届けを出した上で

          新しく演奏録音したもの、と本当に徹底していました。

           

          マスコミに知れて混乱、開催が危ぶまれる状態にはならないよう

          会場も開催直前まで「だいたいこの辺です」って以上は知らされなかった。

          そして参加予定者も揃って口が堅い。

          どこにも、一滴も(笑)漏れなかった。

           

           

          結局 2000人以上の人が参加。

          ちょっと売れてるお笑い芸人さんでも一組じゃ

          そこまで集まらないんじゃない?って言うくらいの人数が

          本人不在、曲も映像もなしと言うイベントに集結したのでした…

          ライブビューイングですらないんだよ(笑)

           

           

           

           

           

           

          それだけの人数をひとりひとり確認してリターン品を渡しながら

          入場させるのはすごく時間がかかって相当大変そうだった。

           

          でもまあスマヲタさんみんな協力的で。

          事前に知らされた整理番号の順に入場するんだけど

          主催者と会場の係員の方だけでは番号を知らせる入場案内の声が

          後方まで届かず、苦労している様子を見た参加者がそれぞれ

          伝言で後方の人に

           

          「480〜!480まで入場だそうですー!」

          「つぎ500ー!」

          「540−!!」「600!!!」

           

          と手で番号を示しながら皆口々に数字を叫ぶ様子は

          まるで築地マグロの競りを彷彿とさせました

           

          まるでこれ

           

           

          一時間以上入場にかかってしまったけど

          文句言って怒る人なんてもちろんいなくて、

          会場の係員の方々が「皆さんなんて協力的なんだ!やりやすい!」と

          感激してくださったとか。嬉しいお話ですなあ。

          それもこれも本当に、飼い主の長年のしつけの成果ですわ。

           

           

           

           

          会場に行く前に会ったお友達にこのイベントの事を話すと

          「エアーSMAPだねww」って言われまして、言い得て妙ww

           

          翌朝「エアーSMAPこんなだったよ」って写真送ったら

          「すげーー!想像超えてた、目が覚めた」って言われましたwww

           

           

           

          エアSMAP、こんな感じ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          Twitterで良く作品を上げてるスマ絵師さんの中でも

          私が一番好きな方が描いた5人のカッコいいイラストのタペストリー。

           

           

          真ん中のスクリーンには参加者から募った

          『SMAPとの思い出の写真』とともに歌詞が流れ

          BGMに合わせみんなで歌うという、どん引かれそうな

          相当カルトな会合です(爆)

          いいんです。仕方ない。

           

          人生を捧げて、悲しみや苦しみから救って来た人と

          それに救われて来た人。それが25年も続けば

          宗教っぽくなってしまうのは仕方ない。

           

           

           

           

          もうなんかね。切なくなった。

           

          こんなに愛されてるひとたち、そうはいないよ。

          みんなこんなに求めてるのに。なんでやめるとかそんなことになる。

           

          やっぱり解散とか言うの、やめない!?やめようよ!!!

           

          って、それを口にするのは慎重になってしまう私も

          改めてがっつりそう思ってしまった。

           

           

           

           

           

           

          …くま連れてった

           

           


           

           

           

           

           

           

          私も写真を送ったら、何枚か採用されてスクリーンに映ったよ(^^)

          イラストの写真も写ったんだけど、

          いきなりきたから写真が間に合わなかったw

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          まるでコンサートさながらの盛り上がり。

          コーラスになってるところは誰ともなくパートに別れて歌い

          ファンが入れる合いの手やお決まりのかけ声も

          全部自分たちでやらなきゃならないので忙しいww

           

          とにかく皆の息がぴったりで良いファンパーティでしたよ。

           

           

          主催者さん、本当にありがとう、そしてお疲れさまでした。

          最後ステージに挨拶に出てらしたのは若くて可愛らしいお嬢さん。

          これだけの事を成し遂げるの、どれだけ大変だったか。

          深ーい感謝と尊敬を捧げます。

           

           

           

           

          これは「リターン」としてもらったリストバンドとサイリウム、カード。

           

           

           

           

          終わった後は親しい仲間たちと新宿でお疲れ会。

          乾杯して、楽しい時間を過ごしました。

           

           

           

           

           

           

           

           

          あーあ、ホントに何とかならんもんですかなあ…

          ファン、不憫…

           

           

           

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:SMAP

          15:50 | SMAP | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
          ♪映画「少女」見た♪(ネタバレ含む感想)
          1

                  

           

           

           

           

           

           

              

           

           

          湊かなえ原作の「少女」映画化。

          吾郎ちゃんが出ている。

           

           

          いーじまさんの置き土産の映画のお仕事、

          心して拝見せねばと公開初日に仙台で見た。

          (完全過去日記)

          仙台駅前に夏に新しく出きたPARCOにTOHOシネマズがあるので

          映画に行きやすいんだー!るるる。

           

           

          そうそう、友達の一人が東京の舞台挨拶当たって行ったの。

          ウラヤマでやんす。

          吾郎ちゃんは舞台上で共演者と上手におしゃべりしながらも

          ずっと爪を噛んでいたらしいwwそのクセよく見るやつw

           

           

          湊かなえさんの原作だからもっと人が死んだり

          どろどろな感じなのかと思ったけど

          湊テイストの青春映画なのね。

           

           

           

          見てる途中で

          「あ!私この小説読んでるじゃん!」って気づいた(笑)

          しかもだいぶ経って、老人ホームの餅のくだりあたりから

          急によみがえって来た。

           

          あ、これを見に行った仲間内では

          あの『老女が喉に餅詰まらす』くだり見て

          皆とある同じ感想を持ったようで。はい。

          笑いましたよ。wwww

           

           

          こんな感じだったかしら…って思ったので

          帰宅して確かあったはず、と文庫探してざっと読み返したら、

          もうひとどんでん、なところは省略されてた。

           

           

           

          本多翼ちゃんは表情の作り方はとてもすごいと思うの。

          以前安堂ロイドに出てた時も「心を失くした」設定の時の

          死んだような表情がすごく巧くてびっくりしたし、

          今回も小説をやっと書き上げた時の恍惚とした表情が

          印象深くて素晴らしいと思った。

           

           

          たださ、台詞がね。

          怒気を含んだ低い発声や台詞回し、

          お芝居がちょっとイージーに感じた。

          もっとお稽古積めば台詞のいい方含めて

          伸びるんじゃないかなあという感想を持ちましたよ。

          表情の方が作るの難しい気がするからね。

           

          その点、大島…じゃないや、児島は上手だよねー。

          俳優としてお仕事がたくさん来るわけだわ。

          アンジャッシュのコントだって演技力あっての笑いだったりもするわけで

          常に大量の台詞や間を意識して客前でコントしてるんだから、

          芝居上手になるんだろうね。

           

           

           

           

           

          私も含め本作品を見た仲間はみんな同じ感想を持ったようだ。

           

           

          「吾郎さんはこれからも大丈夫。吾郎さんは安泰。」

           

           

          ああいう地味で出番は決して多くない、

          でも印象的で重要な役どころを

          SMAPとしてのスターオーラをしっかり消してやり遂げてるの、

          すごい。

           

          バラとワインを豪商ヒロくんと共にたしなむ現代のお貴族、

          吾郎さんがエプロンして古いアパートに暮らす

          バツイチの介護職員だからね。

           

          もともと持ってるちょっとほの暗く神経質な感じが

          良い風ににじみ出てて。

           

           

          あの役をあれだけ好演すれば、またそういう役が来るだろうし

          この先仕事にあぶれることはあるまい。

          一緒に見たパパさんも褒めておったよ。

           

          ただ、ふらつきながらママチャリに不器用に乗るシーン、

          監督がわざとそう指導したのかと思ったら

          ふっつーに素の吾郎様だったことがラジオの本人の発言により発覚、

          笑ったwww あのふらつき、吾郎さん愛しいwww

           

           

          やっぱり、舞台経験を重ねてるからここに来て強いね。

          映画や読書にもどんどん造詣が深くなって、エレガントさが増していて

          それでいて気取らず自分を落とす事も出来る吾郎さんは素敵だ。

          あんなタレント、他にはいない。

           

           

          土曜日のドラマは家あけてたからまだ見てないんだ。

          これから見る!

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:SMAP

          15:07 | SMAP | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
          ♪smapさんのこと。10/14♪
          0


            日付けをつけないとみんな同じタイトルになっちゃうから、

            今年入ってからの記事に皆日付つけた。
             

             

             

            読み返してみると、基本的に7/13(もう3ヶ月もたつんですね…)

            に書いた記事気持ちはほとんど変わってないです。

             

             



            解散、ってなったけど、

            ずっとここまで食らいついてみて来た感じから

            なんかそういう事に追い込まれそうだろうな、とは思っていたので、

            1月のあの会見の後の混乱、ショックより軽いかも。

            あれはホントに平和で楽しい、あって当たり前の毎日が

            一瞬にして崩れたからキツかった。

             

             




            今は事務所のやり方への怒りとか、
            現状をなんとかしたいという必死な思いがあるので
            ツイッターや友人同士で情報集めて、
            撤回とか存続に向けて出来ることがあるならば、
            考えられる限りの事をしようと動いてはいます。
            お礼やお願いのはがきを書いたり、
            CDを買ったり。



            あとは彼らにも。
            私たちは五人を求め続けてるよ、ということを
            伝え続けることって大事かなと思って
            ラジオにお手紙書いたり。
            普通の人にはいい年してって笑われそうなことですが
            外面なんてかまってられません。
            私たちにしかわからないことがここにある。


            これを読んでくださっている皆さんもたぶん大方同じでしょう?


            ただ、自分のほんとの気持ちをじっと覗き込んでみると、
            そっちに集中する事によって
            もしかしたら彼らを失うかもしれないことを、
            正面から受け止めない、感じないようにして逃げて、
            守りに入ってる状態な気がします。



            ふと現実に引き戻されて、今起きてる事が現実だと、
            このままでは12月で全部がなくなってしまう
            という実感に襲われそうになった時、
            本気で卒倒しそうになる瞬間がある。
            ふらーって後ろにひっくり返っちゃいそうになるの。


            ひっくり返るわけに行かないし、
            あんまりがっくり落ちこむとなんかホント病気になっちゃいそうだし、
            だからダメージを受けそうになるとそこから
            思考をとめて、慌ててするっと逃げてます。
            そうやってコントロールしてる。


            毎日ひとりになるとところかまわず大きなため息が出ます。
            「あーーーあーーー!」「やだやだやだ…」とひとりぶつぶつ。
            危ないやつですねww


            なんで こんなことに なってしまったんだろう。
            その言葉ばっかり浮かぶ。
            なんで、奪うんだろう??こんな形でむしり取られるんだろう?
            なんなんだろう。




            それが今だなんては思ってなかったけど、
            でもいつか終わるんじゃないかな、と
            うっすら思っていなくはなかったよ。


             
            特にMrSのライブ、
            過去最高にすばらしくてかっこよかったけれど
            やっぱり体力的にすごくきつそうだな、とは思ってみてた。

             
            いつまでこんなこと続けられるんだろう、って、ちょっと思ってた。
            年齢的な体力の問題もあるし、精神的にも。


            こんなに身を削ってひとを喜ばせる事を
            実体も前例もない「アイドル」っていう
            ゴールの見えない危うい道をいつまでも続けるのは、
            永遠に続けなければいけないことがきつくないだろうか…って。
            しかも続ければ続けるほどその責任は、背中の荷物はどんどん重くなってく。
            ほかの誰も担ぐ事の出来ない、
            地面に身体がめり込むほどの重い荷物を背負って
            いったいどこまで行けというんだろうって、
            そんな気持ちになるんじゃないだろうか…。



             
            でも、でもやっぱり続けていくんだろうな、
            続けてってくれるんだろうなと思ってた。
            震災後彼らの使命感みたいなものが強くなったように感じてたし。
            みているひとたちからの期待、自分たちの存在の意義をより自覚して
            覚悟を決めたように見えてたから。





             

             

            たとえ終わるにしてもこんな突然ぶつっと千切れるように、
            むしりとられるように真っ暗に終わるとは思っていなかった。


            だんだんとしぼんで、小さくなって、
            手の中にたくさんあった砂が少しづつこぼれて
            失われていくような終わり方なのかな…って思ってた。
            それでもいいや、それを見届けようって。


            これはないよな。うん。
            これはちがうよ。ない。



            こんなところを、
            とにかく、日々行ったり来たりです。

            終わるのかな?
            いやだ、そんなはずない。

            辛かったのかな?終わりたかったのかな。
            そうだとしても、こんなんじゃない。


            引き止めないで新しい旅立ちと
            喜んで送りだした方が良いのかな?
            いや、そんなはずない、こんなんじゃない。
            求め続けてこそファンで
            求められ続けてこそスターじゃないか。



            毎日、いったりきたり。


            彼らは何を思っているのかな。
            何を望んでいるのだろう。

            そればっかり考える。





            こんなことも思う。
            もう、お祭りは終わったんだろうか。

             
            今まで十分すぎるほど楽しませてもらってきた。
            SMAPを好きになって、夢中で見て追いかけて、
            そんな日々を20数年毎日ずっと続けてきたって、
            なんて幸せな、そしてスペシャルなことだったんだろう。
            そのおかげで、
            「そういうことに興味はないわ」
            って言う人の、たぶんよ、たぶんだけど
            何倍も浮かれた楽しい日々を私たちは送ってきた。
            毎日がお祭りみたいにドキドキワクワクして、みんなで一緒に
            喜んでさわいで語り合って。
            辛い事のある時でも彼らがいればいつも笑顔が絶えなかった。

            所詮アイドルが見せてくれた長い夢の中の日々だったのかな。
            終わらないお祭りはない?
            覚めない夢はない?
            だからもう、終わりなのかな。
            充分でしょ、ってことなのかな?


            いやいやいやいやいや…
            古参はいいさ。長年年楽しんで来た。
            でも、つい最近好きになったひとだっているわけでさ。

            このブログにだって、この騒動から一気にファンになって
            もう毎日夢中で、っていってくれてるひともきてるんだよ。

             

            もっともっと、素敵な彼らを皆で見てたいよなあ。
            新しく好きになったひとたちにももっと、知って欲しいよなあ。
            それはこちら側のわがままなの?
             

            …こうやってまたいったりきたり…



            それなら。もしもお祭りが、夢が終わりだっていうなら。
            辛いけどでもスッキリ目覚める形にして欲しかったし、
            彼らがもとから望んだ事なら
            多分納得できる形になったと思うんだ。
            きっと本来の彼らなら、
            仲違いしたのか、揉めた末の事なのか、
            もうアイドルするのがイヤになったのか、
            何かわかんないけどそれぞれでちゃんとそう決めたのなら
            きっと、
            優しい嘘で私たちをだましてわからないようにして、
            きちんと終わらせてくれてると思うんだよなー。


             
            最後までちゃんと私たちを大事に扱って、
            小出しの現実でアイドルの夢をちゃんと見せて
            終わらせてくれると思うんだよな。


             
            なんかちがうんだよ、こんなの。

             
            ファンだから、わかる、感じる事もあると思う。
            今回の事は、少なくともきっかけは彼らの意志じゃない。

             
            とにかく言いたい。これだけは言える。言っていい。

             

            「こんなのちがう。こんなんじゃない。」

             


            中居くんがよく言ってた「チャック」。
            開けたがってなかった理由がわかちゃったよね。こんな形で。
            やっぱり開けたらダメなもんってあるのね…
            知らなくていいものってあるのね…


            きっとホントはこんな風に見せなくていい
            痛々しく生々しい内臓なんて見せずに
            アイドルの着ぐるみを上手に着たまま、
            ちらりちらりとチャックを上げ下げして
            内臓が見えてるようでみえないまま
            幕を下ろしてくれたんじゃないかと思うの。


             
            あんなグロテスクな内臓全開、ありえないから。
            彼らの今までの誠実て真摯なアイドルとしての仕事ぶりから、
            そのポリシーからあれはない。

             
            それが本当に腹立たしいし、
            彼らもまさに断腸の思いだっただろう。



            四半世紀必死で守り抜いて来たアイドルとしての着ぐるみなのに
            親同然の存在と名乗るひとたちが
            無理矢理それをぐちゃぐちゃに引き裂いて
            八つ裂きにするようなマネをした事が許せない。


            自らが長く築いて来た夢のエンターテインメントの道じゃなかったのか。

            日本を代表する、それを提供する老舗の会社としての
            自負はないのか。
            誇りはないのか。
            そんな目に見えない栄誉や誇りよりも
            目の前の権力や自尊心が大事なのか。


            もしそういう自負や誇りがあれば、
            あんな会見は絶対にさせなかっただろう。


            あれはあり得ない、そして許せないと思って当然の会見で、
            これまでの顛末での一番の悪はあの会見だったと思う。
            日本芸能史上最悪の、醜悪ぶりだったんじゃないの。
            時間が経つほどに、振り返るほどに
            何が一番ダメだったかって言うと、アレだ。
            そう思う。



            本当に情けない話だ。
            情けなくて情けなくて、涙も出ない。
             


            やっぱり、これに尽きる。




            「こんなのちがう。こんなんじゃない。」

             


             

            つづく。

            日にち空くかも知んないけど、続く。

            JUGEMテーマ:SMAP

             

            21:32 | SMAP | comments(6) | trackbacks(0)| - | - |
            ♪ご無沙汰しております。ご挨拶。♪
            0

              いやはや本当に。

              本当にご無沙汰しておりました。

               

               

               

              どんだけほったらかしにしてたんでしょう私。

              三次元ならカビ生えてますねきっと。

               

               

               

               

              こんなブログでも読んでくださっていた方、

              気にして度々更新しているか見にいらしてくれていたのでしょうか。

              一定のアクセスがあって、それを見ていると

              どうしてるのかなあー、って気にかけて頂いていたのかな、と

              心苦しいです。

              本当にごめんなさい。

               

               

              …ねえ。だってねえ。いろいろありすぎてねえ。

              なんかもう、放り投げちゃってました。

               

               

              小田和正じゃないけど

              言葉にできなかった。

               

               

               

              おさぼり期間中イラストの展示や仕事や、

              SMAP活動もいろいろしていたんだけど

              「この事」について一旦書かないと

              このブログは再開できない気がして逃げ回っておりました。

               

               

              大層な事や、思ってる事を一気に全部ちゃんと書こうとするから

              書けないんだな、と思いまして、

              無理せず今思ってる事を小出しに書いて行こうと思います。

               

               

              ちょいちょい、ゆっくり、今まで通り

              イラストとか日常のお出かけブログ間に挟みながら。

               

               

              考えていても、考えているうちに状況がちょっとずつ変わって

              考えてる事も今までとちょっと変わって来たりもするのだけど、

              もうそれもありで、綴っていこうかな。と。

              すこしずつ。

               

              ただ、ホントにその人の立ち位置によって

              考え方とか味方感じ方読み取り方全然違うので

              相容れないなあと思われる方もいらっしゃると思います。

              そういう時は読み飛ばしてね。

              私のとこにいらっしゃる方はそんな方いないと思いますが、

              万が一攻撃的なコメントいただいても承認制にしてあるので

              載っけませんので。

              私、平和を好む天秤座ですから。

               

               

              なので、まあ、SMAPが大事すぎてこんな毎日

              もう病気になりそうだ、という方も

              ちょっとこの騒動以来興味ある、って言うていどの方も

              全然ないけど私のお出かけ記事とかイラスト記事見てくださる方も、

              緩く再びおつき合いいただけたらなと思います。

               

               

               

               

               

               

               

               

              JUGEMテーマ:SMAP

              16:27 | SMAP | comments(8) | trackbacks(0)| - | - |
              ♪石巻、女川に行った時の事♪
              0

                 

                 

                だいぶ前になっちゃいますが

                パパさんが仕事で何度か訪れて、ママも行っといた方が良いよ

                と言って連れて行ってくれました。

                 

                高速で1時間半くらいだったかな。

                 

                石巻は「石ノ森漫画館」へ。

                仮面ライダーやサイボーグ009の生みの親

                石ノ森章太郎さんの作品を集めた記念館。

                 

                ここはこの付近の建物が津波で押し流される被害を受ける中

                無事に残った場所として、

                木村くんと火薬田ドンもとい北野武ことタケちゃんが出演してた

                TOYOTAのCMでも使われてた場所。

                 

                これね↓





                        


                今はこんなにきれいになって復活しています。
                (今年の干支ちゃん、さるこを連れて行ったー)



                でもここの駐車場の前にある工場かな?
                は津波のきずあとがまだ残っていた。




                玄関でなつかしのロボコンがお出迎え。
                いっつも0点取るんだよねーとパパさんと思い出話に花が咲く。




                コインロッカーも圧巻!
                各ヒーロー、ヒロインが勢揃いでカッコいい。





                ライダーさんと写真を撮ろうベンチ 笑




                触覚んとこにさるこ置いたら
                「ライダーへの冒涜だ!」とパパさんに言われた。



                 

                 

                特別展もすごく良かった!

                石ノ森先生の原画も素晴らしいし、

                歴代の仮面ライダー、私も女子とはいえやっぱり

                ある程度はわかるから楽しかったよ。

                 

                サイボーグ009とか吾郎ちゃん好きだったよなーなんて思いながら見てた。

                男の人はとにかく喜ぶわー。
                50代以下のの男性は行くべき!!

                どの世代もめっちゃ興奮する事間違いないー。







                そして。
                 

                今回のもう一つの目的は

                女川で美味しい海産物を食べよう!だったので石巻から移動。



                 

                ここで頂いた丼がまあすごかった!!


                 

                こんな豪華ー!!


                 

                これにカニのアラ汁がついてて1300円なんだって
                もう信じられない破格っぷり!いや、おいしかったっす。

                お店の中には有名人のサインがいっぱい貼られてました。

                そりゃ来るよねー。

                これはほんと感動ものだよー

                 


                 

                女川駅は新しく建設され、とてもきれいでおしゃれな建物です。

                足湯や、駅舎の中には温泉施設まであるの。




                 

                その駅前にはこれまたおしゃれな商店街?

                ショッピングモール?がならんでいて。

                お店はもともと地元で開業していた人たちのお店なのかな。

                可愛い雑貨屋さん、床屋さん、車屋さん、飲食店。

                観光客で賑わってました。

                女川限定マスキングテープ買ったー♪



                 

                ここで起業したい人の為の施設、コワーキングスペースなんて

                最先端な空間まである。

                まずは外から人を呼び寄せて、マチを活気づかせようという作戦

                なんだと思った。






                これ、有名な段ボールで出来たダンボルギー二!www
                いや、かっこいいから!



                これもね、この駅前の商店街の中にあるの。
                一見の価値ありだよ


                 

                でも町に実際暮らす住民の方達の住む場所は

                まだまだ、やっと土地をならして造成してるとこって感じ。

                奥の山の中の高台に仮設住宅、仮設の商店街が並んでいて

                きれいになった駅前とは全然違ってた。

                 

                港近くに交番だった建物が当時のまま転がっていてね。

                これは震災遺構として残すらしいです。

                  




                  
                 

                 

                 

                 

                あと、びっくりしたのがまさかこんなところまで来るなんて!

                って思うところまで津波が着ていたこと。

                海からかなり離れて、しかも高台にある病院の一階まで

                波が着たって言うのをきいて、実際行ってみて

                その恐ろしさを実感しました。まさかだよ、ほんとに…





                 

                石巻でも女川でも行く途中所々の道沿いに墓地があったんだけど

                新しいお墓がとても多くて。

                やはり震災で亡くなった方がたくさん居るからなんだろうな、という事を

                こんなところでも感じました。
                 

                 

                やっぱり、行ってみないとわかんない事、

                行って観じてみた方がいいことってあるなあって思った。


                 

                SMAPさんの呼びかけに応じてほんとにわずかだけど

                毎月引き落とされてる私の支援金が、

                どこかで有効に使ってもらえる事を祈らずにいられませんでしたよ。

                ほんとに少しでごめんなさい…

                でもなにかの役に立って欲しい…。


                 

                仙台から女川へは電車もあるし、温泉も入れるし、

                おいしい丼食べれるし、是非皆さんも

                機会を作って訪ねてみてね(^^)ほんとに!




                JUGEMテーマ:仙台周辺情報

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                18:32 | 仙台 東北 | comments(2) | trackbacks(0)| - | - |
                ♪大好きだった千代の富士が逝ってしまった♪
                0

                  久々にブログ書きます。

                  ネタはいろいろ溜まってるんだけど、まずはこのお話から。

                   

                  元横綱の千代の富士、亡くなってしまいましたね…

                  本当にショックで。

                   

                  あんなに明るくて、元気そうで若々しいのに。

                  膵臓がんとは怖い。

                   

                  最近見たダウンタウンの番組で

                  「100kg超えの70代は居ない説」を検証するって言うのやってて、

                  横綱はほとんどが70歳を前にして亡くなっている、

                  っていうのを見たんだけど、本当に短命なんだなあ。

                  とても身体に負荷がかかるんだろうし

                  豪快に食べたり飲んだり、健康にはやっぱり良くないんだね。

                   

                   

                  北の湖につづいて昭和の巨星が…。





                   

                  私、ほんっとにファンだったんですよ。

                  大ファンで。

                   

                   

                  年寄り育ちなもんだからずっと相撲は欠かさず見ていて

                  (夕方アニメが見たくても相撲があると見せてもらえなかった)

                  あんこ型でただただどっしり太って無口なお相撲さん

                  (主に北の湖 笑)の中に、

                  千代の富士はすい星のごとく現れた小型の力士で、

                  しかもよくしゃべって時にはおちゃらける、

                  颯爽として明るい初めてのお相撲さんだったのね。

                   


                   

                  小兵なのに強いんだけど、よく脱臼するんだよね、肩を。

                  そのクセから脱する為につけたという筋肉隆々の身体は

                  昔の浮世絵に出てくるお相撲さんのようだった。

                  四股踏むとき、とてつもなく足が上がるんだよね!

                  顔もけっこうイケメンで凛々しくてさー。

                  20歳くらいの頃、理想のタイプをきかれたら

                  「千代の富士」って答えてたしww


                   

                  札幌で学生してたとき、大相撲の巡業を
                  中島体育館まで自転車こいで一人で見に行く位好きだった。

                   

                  今みたいに「ナントカ女子」なんて居ないからさ、

                  バブル全盛で相撲なんて年寄りのもの。

                  それを女子大生が一人きりでわざわざ見に行くなんて

                  どうかしてるんだけど、それくらい好きだったからー!

                  (昔からそういう事への行動力と熱量がすごいだけともいう)

                   

                  実際若い女の子なんて会場にほとんど居なかったし。

                  水玉のワンピースに麦わら帽子で

                  一人ヘラヘラしながら行ったの、すごい覚えてる。

                   

                  かっこよかったさ、千代の富士は。

                  実家にあるよ、そのとき撮った千代の富士の写真(^^)

                  この間、涙こらえてインタビューに応じていた

                  北天祐(いつのしこ名だよw)も

                  バスから手をふってくれたっけw

                   

                   

                  同じ北海道出身ってこともあって

                  我が家中で千代の富士を応援してたので

                  千代の富士は一家団欒の思い出の象徴だったりもするんだ。

                   

                  若貴のお父さんの貴乃花を倒す頃から見てたよ。

                  かっこよかったなあ。

                  そして最後はその息子に引導を渡されると言う

                  ドラマティックな幕引き。

                  当時まだまだ出来た気もして残念に思ってたんだけど、

                  あの幕の引き方、去り際は美しく潔くて、物語性もあって

                  今、幕の引き方が下手な人たちがうろうろしているのを見ていると

                  やっぱりあれで良かったんだと思う。

                   

                   

                  お父さんが漁師で、一緒に小さい頃からスルメ噛みながら

                  船に乗ってたからバランス感覚が素晴らしいって言う話とか、

                  運動神経良くてゴルフやってもプロになれる位うまいとか、

                  そういう逸話も好きでー。

                  スルメの件は真似して運動神経良くなるかなって

                  一歳の頃からむすこっちにもスルメ食わしてたら

                  単なるスルメ好きになって海の研究の道に行ってしまった…

                  という笑い話的結果にwww

                   

                   

                   

                  それにしても。

                  あー。千代の富士。まだ死んじゃダメだったよ!

                  お嬢さんのモデルの秋本梢ちゃんもなかなかいい子で

                  彼女がお嫁に行くまで生きててあげて欲しかったし。

                   

                  元親方の北の富士は愛弟子に先立たれてどんなにか辛いだろう。

                  あの師弟関係も好きだったんだよなあ。


                  描いてみたわ。

                  似てなくてごめんなさい…

                   

                   



                  描いてて、千代の富士は髪が多くて大銀杏がでっかいことや、
                  すごい熱戦だった時は髷が決まって崩れて
                  うちのばあちゃんが
                  「あー今日の千代の富士は髷が崩れたからよくがんばった証拠だねえ」
                  なんて言ってたのも思い出しちゃった。
                  「ゲン担いで場所中は頭洗わないんだってー!」とか
                  家族でたくさん話したなあ。

                   

                  本当に、残念でならない。

                   

                  自分でも思ったよりショックが長引いている。

                   

                  ひいじいちゃん、おばあちゃん、

                  父さん、母さんの笑顔と歓声、夕ご飯の匂い。

                  そんな思い出と共にいつまでも私の記憶に居る

                  かっこよかった千代の富士。



                   

                  ご冥福をお祈りします。悲しい。
                   


                   

                  JUGEMテーマ:相撲

                  13:42 | 日常 | comments(1) | trackbacks(0)| - | - |
                  ♪ついでに北海道に行った時の事も♪
                  0

                    ついでに、札幌で撮った写真も次々あげとこう。

                    もういつの話だよ!

                    でもいいの!自己満足!

                     

                     

                     

                    ほーらいかにも北海道だよ〜!

                    THE!北海道!

                     

                    日本三大がっかりとも言われる時計台だよ!

                     

                     

                     

                     

                     

                    でもやっぱり初夏の北海道は良いのう。

                     

                     

                    こちらは旧道庁。

                    クラシック。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    これは知る人ぞ知る?ん?有名かな。

                    米風亭ってお店の油そば。

                    超美味しいんだコレーーー!

                    ラーメン屋さんじゃないよ。

                    バンド系のお兄さんがきびきびと働くビアバーっていうの?

                    洋風居酒屋と言うか。

                    狸小路からちょっと外れた小道にあるの。

                    どうしてもコレが食べたくてホテルが狸小路だったから

                    一人で行っちゃった。

                     

                     

                     

                    おみやげ麺も売ってるので買って来たよー。

                    行く機会があったら是非オススメ。

                     

                     

                    あと、病院に近かったからいってみたFAbULOUS/ファビュラス

                    地下鉄バスセンター駅からが近いかな。

                    大通りテレビ塔のとこから近い。

                    大人でおしゃれでアートなカフェだよ。雑貨や服も奥で売ってる。

                    市民ギャラリーからも近いってことで

                    かーさんが展覧会帰りによく寄るっていってた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    お義母さんのお見舞いで行った札幌だったけど、

                    一件だけ友達とランチの約束を入れたの。

                     

                    Twitterの中居仲間で、札幌在住のフォロワーさん。

                    次ぎにくる時は声かけてね!っていってくれたからほんとにお誘いしたら

                    私の行きやすい場所でとっても良いお店を見つけて予約してくれた。

                     

                    ランチなのにこんなに豪華ってどうよー!びっくり。

                    とっても美味しかったー。

                     

                     

                     

                    短い時間だったけど美味しいの食べて、たくさんおしゃべりして、

                    このおかげで札幌の滞在がとっても充実したものになったんだ。

                    ほんとに感謝してます。

                     

                     

                     

                     

                     

                    夕張のゆるくないゆるキャラメロン熊!!

                    狸小路に居て子供泣かせてたwww

                    いいともに出てたあの日が懐かしい。

                     

                     

                     

                     

                     

                    今や熊もシャレになっとらんからな…

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    こんなの書いてるうちにまたお盆に帰省だよ〜

                     

                    JUGEMテーマ:北海道

                    15:49 | 北海道 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |