*はなのかふぇ*

イラストレーター&主婦な日々を綴ります
SMAPとかわいいもの、あまいものがすき。

☆HP☆   http://hananocafe11.com

♪リンク張るときは一言連絡してねっ♪

♪ イラスト・写真は無断転載・複写・無許可で使用はしないでねん、お願いっ♪

  Copyright(C)Kaori Hashitsume. All Rights Reserved.
♪ <お知らせ>過去記事上げてます(2) ♪
0

    去年、ブログ書く気力なくなっちゃってて

    でも写真だけは撮ってあったので

    今少しずつ過去記事としてUPしてます。

    今更感満載だけど

    良かったら見てみてくださいな。

     

    のパート2です。

     

     

    そして、3/11ということで、

    何か小さくても復興のお役に立てるなら…と

    宮城県をいろいろと観光して回ったときの記事を

    大量に書いてUPしてみました。

     

    ぜいぜい。

     

    夏から秋にかけての記事なので

    ちょっと季節感違ってるけど、

    よかったら見てください。

     

    ♪パパさんとお出かけ〜鳴子峡と松島の紅葉♪

     

     

     

     

     

    ♪石巻の漫画館でぼのぼの原画展♪

     

     

    あのCMのロケ場所にも行きましたよ↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    ♪パパさんとお出かけ〜石巻市場の大漁祭り♪

     

     

     

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜船岡城址公園の曼珠沙華♪

     

     

     

    IMG_7017.JPG

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜東松島ブルーインパルス♪

     

     

     

    IMG_6637.JPG

     

     

     

     

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜ひまわり畑♪

     

     

    IMG_6325.JPG

     

     

     

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜伊豆沼のハス♪

     

     

     

    IMG_6270.JPG

     

     

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜仙台七夕まつり♪

     

     

    IMG_6181.JPG

     

     

     

    ♪パパさんとおでかけ〜coboスタで楽天戦観戦!♪

     

    IMG_6135.JPG

     

     

     

     

     

     

    こんなところかな。

     

    もし、これを見てだれかが行ってみたいなー、

    って思ってくれたら、そして今年のその時期に

    足を運んで見てくれたらうれしいな。

     

     

     

    00:47 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
    ♪MDを聴く ♪
    0

       

      今 仕事結構立て込んでて自室にこもってる。

       

       

      今まではこういうときはずっと 

      SMAPで元気出してたんだけど、

      つらくて聴けない。聴けなくてつらい。

       

      今の私には禁忌事項です

      (投与してはいけない薬や処置)

       

       

       

       

      そんな状況なので

      ながら聴きの音楽もPCに入ってるのに飽きてきたので

      思いたってMD引っ張りだしてきた。

      MD… 笑

       

       

       

      うちにはなんとまだ

      CD MDそしてカセットテープ!

      まで聴けるコンポという

      昭和の遺産的シロモノが存在しているのです

       

       

       

      自室に鎮座

       

       

       

       

       

       

            ビクター様の製品

       

       

       

       

       

         

       

       

       

       

       

       

        カセットテープも聴けるよ(爆)

       

      今度高校生の頃のテープ聴いてみようかな

      (まだ持ってる)

       

       

       

            

       

       

       

       

      このまえのMステに18年ぶり?に新曲を出した

      小沢健二さんが出演してたので

      ひっさしぶりにオザケン、聴いてる。

       

       

       

      「LIFE」と「球体が奏でる音楽」が出てきた。

       

       

       

       

      「10年前僕らは 

       胸を痛めていとしのエリーなんて聴いてた」

      とか

      「僕らはどこまでも歩くよ 

       なんだか知らないが白髪になってね」

      なんてフレーズがあって、切なくなった。

       

       

       

       

      あのころのオザケンは時代の最先端

      若者の代表みたいなイメージだったけど(語彙不足)

      Mステに居た彼はちゃんと、とっても、

      大人になっていた。

      wikiみると、結婚されてお子さんもお二人いらっしゃるよう。

      「ジュニアたちが生まれたり」したんだね。

       

       

      「結婚してってそれはちょっと」なんて歌ってたのにねw

      あの曲好きだったんだー。ドラマも面白かった記憶。

      今聴くと中居君の主張みたいな曲だw

      (↑しかしやる事はちゃんとやっている様子で良かったw3/15追記w)

       

       

       

       

      生きてさえいれば、人はみんな等しく時を過ごして

      大人になっていくんだな、って思った。

       

       

      自分も、いつの間にかもう

      「大人」なんて言うのもはばかられてしまうほど

      ベテランの域の大人になってしまった。

      自分の子供が大人なんだからね。

       

       

       

      昔のものを引っ張りだしてきたとき、

      そこから今までの事に思いを馳せるとき、

      人生なんてあっという間で驚く。

       

       

       

      でも、やっぱりまだ見ぬ未来は遠い先のような気もしたり。

       

       

       

      昔聴いた音楽を懐かしく思い返せるのは幸せな事。

      「有り難い」ことだよね。

       


       

      自分も、家族も、友達も、

      「あの頃の未来に僕らはたっているのかな」

      って歌っていたSMAPさんたちも、

       

       

       

      2017年の今が懐かしいと思う頃、

      どこで何をしているだろう。

       

       

       

      みんな、笑ってるといいな。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:今聴いてる音楽教えてください!

      18:04 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
      ♪ママ友同窓会♪
      0

         

        先週東京に行ったのは

        幼稚園時代のママ友同窓会があったから。

         

        今回は先生もいらしてくださって、全部で17人集まった。

         

        幼稚園以降の、小学校や中学校が一緒だったりして

        今も当時と変わらず親しくしている人が多いのだけれど、

        お久しぶりなママもいて、すごく盛り上がった。

         

         

        みんなで子供たちの今現在の写真を回して見て、

        「わー!もう街であっても絶対わかんないわ!」なんて

        言い合った。

         

        うちと何人かはまだ学生だけどほとんどは

        もう社会人になってて。

        昔の面影が少し残ってるけどすっかり綺麗に、

        立派になっちゃってさー!

        おばちゃん、うれしいよ!

        (うちは「むすこっちくん、変わんなーい!」

         って言われましたがww)

         

         

         

        都心の小さな幼稚園だったので、

        ひとクラス25名前後だったかな。

        よくまとまっていて、みんなで仲が良かった。

         

        うちは引っ越して来たので年中からの入園だったんだけど

        すぐに声をかけてくれて。

        こう見えても緊張していたので(笑)すごく嬉しかった。

         

         

        その後も、若さゆえプラス生来のおバカさんでガサツで

        しょーもない私なのに、みんな、

        手取り足取り教えてくれて、

        気にかけて色々と手伝ってくれたり。

        病気で入院した時も本当に助けてもらった。


         

         

        怒ったり、困ったり、いろいろあったけど

        笑っていられたのはみんなのおかげ。

         

         

        以来ずっと、仲良くしてもらってるんだ。

        あっという間に、20年経ってしまった。

        今もこれからも、大事な「私の」友達です。

         

         

         

        今子育て中の方も良いお友達見つかるといいな。

         

        変な人って、どこにでも必ず数人いるけど、

        良い人はもっとたっくさんいる。

        こんなに大切にできる関係を築けることだってある。

        「怖い、面倒くさい」なんて思い込んで

        構えてちゃもったいない。

         

         

        バスなし弁当ありバザーあり手作り推奨の

        恐怖な人には恐怖の幼稚園だったから、

        『ゾッとするわ!』と叫ぶ人もいるだろうけれど

        手間がかかる分、いいこともある。

         

         

        私は運が良かったっていうのもあるんだろうけど

        最初から斜めに構えてたり、逃げ腰じゃあ

        そこにある良い出会いも、

        成長できる機会も逃げて行くのでは。

         

         

        思い込みは捨てて心の扉はオープンにしとくと

        自分にも子供にも、いいことあるよ、と私は思う。

         

         

         

         

         

        子供たちはすっかり変わって大人になってしまったけど

        ママたちは変わってない。

        ほんとに楽しかった。

         

         

         

        また、みんなで会いたいなあ。

         

         

         

         

         

         

                     

         

         

        前に描いたそれっぽいイラスト 載せてみた

         

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:子供達との記憶

        18:50 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
        ♪ <お知らせ>過去記事上げてます ♪
        0

          去年、なんかもうブログ書く気力なくなっちゃってて、

          でも写真だけは撮ってあったので

          今少しずつ過去記事としてUPしてます。

          今更感満載だけど

          良かったら見てみてくださいな。

           

           

           

          ♪パパさんとお出かけ〜ゆり園♪

           

          IMG_5833.jpg

           

           

          ♪吾郎さんの「不機嫌な果実」ロケ店♪

           

           

          IMG_0122.jpg

           

           

          ♪慎吾の金魚見に行った♪

           

           

          IMG_0131.jpg

           

           

           

          ♪SMAP友にプレゼント 世界に一つだけの?♪

           

           

          IMG_0157.jpg

           

           

          今んとこ、こんな感じ。

          時間ある時に時々上げてみる。

          日記だし。自分の思い出としても。

           

           

           

          JUGEMテーマ:SMAP

          17:48 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
          ♪髪を切りました〜ヘアドネーション〜♪
          0

             

            うだうだしてるうちにもうひと月経っちゃいましたが。

             

             

            6年以上伸ばしていた髪を1月半ばにバッサリ切っちゃいました。

            なんとなく、リニューアル。

             

             

             

             

            この後はSMAPさんが再び5人(6人でも)

            揃って歌って踊ってくれる日が来るまで願掛け。

            清少納言みたいになっても伸ばし続けます…

             

             

             

             

            ヤーメーテーーーーーー

            ダイジョウブーーーーー!

            そんなんならないからーーーーっ!

             

             

             

            …なんて、願掛けの件については

            4割冗談6割本気で思っています。

            (半分じゃないってとこに垣間見える

              シャレになってない感)

             

             

             

             

             

            4割の冗談はさておき、

            髪を切ると決めて美容室に予約していた日の前日、

            ふとFBのお友達が長かった髪を切られたとき

            その切った毛を寄付しました、

            と書いていらっしゃったのを思い出したんですね。

             

             

             

            その方のFBをさかのぼって確かめたところ

            寄付先の団体は「ヘアードネイション」というNPOさんで。

             

            白血病等で医療用かつらを必要とする方達の為に

            役立ててもらえるんだそうです。

             

            せっかくバッサリ行くのだからこんな良い機会はないと

            サイトを読んで調べてみました。

             

            こんなおばちゃんの髪の毛でも良いのかしら…

            ごわごわだし白髪で染めてるし…

             

            と思ったけど、それはかまわないそうで、

            ただ一つ条件は

             

             

            「31cm以上の長さがある事」

             

             

             

            美容室で切る際に、洗髪の前に(濡れていてはダメ

            31センチ取れるところでゴムで少しずつ束にしてまとめ

            それを封筒に入れて送れば良いとの事。

             

             

            美容室で急にこの話をしても出来ないかもしれないし、

             いきなりでは迷惑をかけてしまうと思ったので

            あらかじめ前日に電話をしてお伝えしたところ

             

            「今までも何人か希望されたお客様もいらっしゃいましたから大丈夫ですよ」

             

            というお返事を頂きました。

            担当の方は初めての経験だったそうで、

            あらかじめサイトを読んで準備してくださっていました。

             

             

             

             

            31センチ取れるところでゴムで小分けに縛って

            ジョッキン、ジョッキンと切って行きました。

             

             

             

            こんなんなった。

            つちのこじゃないよww

             

             

             

             

             

             

             

            この長さが

            (ボワボワやん)

             

             

             

             

             

            こんなかんじにー!

            すっかすか。さむい。

             

             

             

             

             

            まあ、思わぬ貢献が出来てよかったなって。

            今まで全然こういう事に、恥ずかしながら

            頭が行かなかったんだけど。

            いい歳になったって言うのももちろんあるけど

            SMAPさんきっかけで義援金とかパラサポとか、

            社会的に自分で出来る範囲で貢献できる事があるなら、

            ってことに意識が向くようになれたなぁと。

             

             

             

            封筒に入れて投函したよ↓

             

             

             

             

             

             

            さて、次に私がヘアドネイションに

            寄付できるのはいつでしょう(笑)

            31cm伸びなくて寄付には間に合わないくらいだと

            ホントは良いよね、という矛盾(^^:)

             

             

             

             

            ロングヘアのスマヲタさん、

            仲間入りどうっすかw

             

             

             

             

             

            それにしても短いと乾かすの簡単だわー…

             

             

             

            18:09 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
            ♪大好きだった千代の富士が逝ってしまった♪
            0

              久々にブログ書きます。

              ネタはいろいろ溜まってるんだけど、まずはこのお話から。

               

              元横綱の千代の富士、亡くなってしまいましたね…

              本当にショックで。

               

              あんなに明るくて、元気そうで若々しいのに。

              膵臓がんとは怖い。

               

              最近見たダウンタウンの番組で

              「100kg超えの70代は居ない説」を検証するって言うのやってて、

              横綱はほとんどが70歳を前にして亡くなっている、

              っていうのを見たんだけど、本当に短命なんだなあ。

              とても身体に負荷がかかるんだろうし

              豪快に食べたり飲んだり、健康にはやっぱり良くないんだね。

               

               

              北の湖につづいて昭和の巨星が…。





               

              私、ほんっとにファンだったんですよ。

              大ファンで。

               

               

              年寄り育ちなもんだからずっと相撲は欠かさず見ていて

              (夕方アニメが見たくても相撲があると見せてもらえなかった)

              あんこ型でただただどっしり太って無口なお相撲さん

              (主に北の湖 笑)の中に、

              千代の富士はすい星のごとく現れた小型の力士で、

              しかもよくしゃべって時にはおちゃらける、

              颯爽として明るい初めてのお相撲さんだったのね。

               


               

              小兵なのに強いんだけど、よく脱臼するんだよね、肩を。

              そのクセから脱する為につけたという筋肉隆々の身体は

              昔の浮世絵に出てくるお相撲さんのようだった。

              四股踏むとき、とてつもなく足が上がるんだよね!

              顔もけっこうイケメンで凛々しくてさー。

              20歳くらいの頃、理想のタイプをきかれたら

              「千代の富士」って答えてたしww


               

              札幌で学生してたとき、大相撲の巡業を
              中島体育館まで自転車こいで一人で見に行く位好きだった。

               

              今みたいに「ナントカ女子」なんて居ないからさ、

              バブル全盛で相撲なんて年寄りのもの。

              それを女子大生が一人きりでわざわざ見に行くなんて

              どうかしてるんだけど、それくらい好きだったからー!

              (昔からそういう事への行動力と熱量がすごいだけともいう)

               

              実際若い女の子なんて会場にほとんど居なかったし。

              水玉のワンピースに麦わら帽子で

              一人ヘラヘラしながら行ったの、すごい覚えてる。

               

              かっこよかったさ、千代の富士は。

              実家にあるよ、そのとき撮った千代の富士の写真(^^)

              この間、涙こらえてインタビューに応じていた

              北天祐(いつのしこ名だよw)も

              バスから手をふってくれたっけw

               

               

              同じ北海道出身ってこともあって

              我が家中で千代の富士を応援してたので

              千代の富士は一家団欒の思い出の象徴だったりもするんだ。

               

              若貴のお父さんの貴乃花を倒す頃から見てたよ。

              かっこよかったなあ。

              そして最後はその息子に引導を渡されると言う

              ドラマティックな幕引き。

              当時まだまだ出来た気もして残念に思ってたんだけど、

              あの幕の引き方、去り際は美しく潔くて、物語性もあって

              今、幕の引き方が下手な人たちがうろうろしているのを見ていると

              やっぱりあれで良かったんだと思う。

               

               

              お父さんが漁師で、一緒に小さい頃からスルメ噛みながら

              船に乗ってたからバランス感覚が素晴らしいって言う話とか、

              運動神経良くてゴルフやってもプロになれる位うまいとか、

              そういう逸話も好きでー。

              スルメの件は真似して運動神経良くなるかなって

              一歳の頃からむすこっちにもスルメ食わしてたら

              単なるスルメ好きになって海の研究の道に行ってしまった…

              という笑い話的結果にwww

               

               

               

              それにしても。

              あー。千代の富士。まだ死んじゃダメだったよ!

              お嬢さんのモデルの秋本梢ちゃんもなかなかいい子で

              彼女がお嫁に行くまで生きててあげて欲しかったし。

               

              元親方の北の富士は愛弟子に先立たれてどんなにか辛いだろう。

              あの師弟関係も好きだったんだよなあ。


              描いてみたわ。

              似てなくてごめんなさい…

               

               



              描いてて、千代の富士は髪が多くて大銀杏がでっかいことや、
              すごい熱戦だった時は髷が決まって崩れて
              うちのばあちゃんが
              「あー今日の千代の富士は髷が崩れたからよくがんばった証拠だねえ」
              なんて言ってたのも思い出しちゃった。
              「ゲン担いで場所中は頭洗わないんだってー!」とか
              家族でたくさん話したなあ。

               

              本当に、残念でならない。

               

              自分でも思ったよりショックが長引いている。

               

              ひいじいちゃん、おばあちゃん、

              父さん、母さんの笑顔と歓声、夕ご飯の匂い。

              そんな思い出と共にいつまでも私の記憶に居る

              かっこよかった千代の富士。



               

              ご冥福をお祈りします。悲しい。
               


               

              JUGEMテーマ:相撲

              13:42 | 日常 | comments(1) | trackbacks(0)| - | - |
              ♪最近買ったもの♪
              0

                最近買ったもの。

                (1)大きめのキャリーケース

                 

                先月お義母さんがヒザの手術で入院したのでその付き添いで

                一週間ほど札幌にいったんだけど、一週間分の服やらなんやらと

                仕事の直しが入るかもしれなかったのでPCを持って行ったのね。

                そしたら、荷物が異様に重くなってしまって。

                 

                持って行ったキャリーケースが札幌駅に着いたとたんに

                壊れてしまったのさ!

                 

                ガラガラ〜と引っ張って歩いてたら、突然引っ張りにくくなって

                アジアからの留学生と思われる青年が追いかけて来てくれて

                「コレトレマシタヨ」と片言の日本語で渡されたのは車輪。

                てで持てないほど摩擦で熱くなっていたのでした…

                青年よ申し訳ない。

                 

                 

                むすこっちの高校の修学旅行の時に買ったもので

                SMAPの北京コンサートにも一緒に行ったキャリー。

                ごめんよ…無理をさせてしまった。

                帰省に東京通いにと酷使して、もう寿命だったかなー。

                お世話になりました…ほんとにありがとう。

                 

                 

                 

                 

                急遽札幌駅のロフトで購入。

                赤いやつ。

                 

                 

                 

                 

                 

                コイツも先日のクリエポで総重量15キロを早速運ばせてしまい

                いきなり過酷な労働環境www

                (買うタイミング良かったとも言える)

                すまんが、がんばってくれ。

                 

                 

                 


                2 へ続く…

                 


                 

                JUGEMテーマ:日々のくらし

                13:54 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                ♪カーブスにいくことにした♪
                0

                  あまりにも運動不足。
                  もうほんと足腰の使えなさがヤバい!!

                  うちのすぐご近所に「カーブス」あるのは知ってたんだけど
                  五十肩治るまで通うの待とうと思ってて。
                  マシンが使えないでしょーって。

                  でもいつまでたってもなおんないし、
                  身体がどんどんダメになって行くのを体感しつつあったので
                  無理しないようにすればいいか、
                  あったかくていい季節になってきたし、
                  今から通えば薄着の季節に間に合うし、少し引き締まれば…


                  ということで体験に行きました。

                  やったらやったで結構ね、肩も動くもんですねー。
                  もう少し早くいっても良かったかも。


                  ワンセットやってストレッチすると肩こりもちょっと
                  軽くなった気がしていいかも!


                  笑ったのが、こういうマシンがあって。
                  足を鍛えるやつ。






                  ぐっと向こうに足を押し出すのね。


                  これをやる時に、担当のお姉さんが

                  「足の向こうに嫌いな人や憎たらしい人がいると思うと
                  出出せる力が違ってきますよ!」

                  なんていうのよーww


                  そんな事言われたらさ、SMAPファンとしては
                  アレしか浮かばないじゃない!






                  いやーめっちゃ力出るわこれホントにwww


                  どうしよう ももの筋肉すごい発達しそうなんだけど(笑)
                  ABC-Zの塚ちゃんみたくなるかもwww




                  がんばって通いますわー











                  JUGEMテーマ:日々のくらし
                  09:30 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                  ♪「勇退」について考えた♪
                  0

                    今回のこのSMAP騒動で、普通の人にとっては

                    ただのタレントの独立騒動かもしれないけど、
                    (あ、この件ファンにとってはまだ
                     全然終わった事ではないのですな)

                    20〜40代にかけて長く寄り添って来たファンとしては

                    深く思う事がいろいろあるし、
                    そこから派生して図らずもいろんな事を考えさせられてる。

                    そのなかの一つとして思ったのは

                    「退く」という事について。

                    やっぱり、人間はある程年齢が高くなったら

                    大概切れ味や判断力が鈍くなってくるんだなと言うこと。

                    生き物である以上、それは仕方ないんだろう。

                    よく切れた刃物ほど、

                    切れなくなったときにそれを強く感じるかもしれない。

                    どんなに見た目が若く、健康でもそれでもどこか、
                    感覚が
                    第一線からはズレが生じてくるようだ。

                    たとえば、絵を描く仕事のように一人で黙々と作業をしたり

                    手に技を持つ職人さんとか

                    趣味の世界に打ち込む人とかを見てると

                    人間どこまでだっていくつになったって

                    努力次第で伸びて行ける、ということも大人になってから実感した
                    一つの事実であるのは間違いないんだけど、

                    でもそれはその人個人の力としての伸びであって。

                    集団や組織の中の一員として存在するとき

                    それが時代の最先端で人に大きな影響を与える仕事であればあるほど

                    ある年齢に達するとどんなに素晴らしい人でも、

                    中心となって活躍する世代とはずれてくるものなんだなと
                    感じる出来事にここのところ多く直面する。

                    たとえ実力があり実績を残して来ているひとでも

                    60歳以降から徐々に「ずれ」が生じ始める事は

                    否めない気がする。


                    下の若い世代のやり方が良いとは思えないものだったりもするので

                    その辺は難しいとこではあるけど。

                    年長者の提言、提案としてうまく若い人を

                    導ければ良いけれど

                    そのためには年齢を重ねた自分が最前線に陣取りたがっては

                    ダメなんじゃないだろうか?

                    ある年齢になったら一歩、そこを「退く」。

                    そこで思い起こされるのが『勇退』という言葉だ。

                    『ご勇退おめでとうございます』って言う言葉。

                    『ご勇退記念祝賀会』なんてモノが催されるたびに

                    若かった私は

                    「年取ってやめる人に対して ご勇退おめでとう、なんて

                     体の良い言葉で飾ってるけど 実際は追い出してて、

                     やめてくれてよかったー!っていうみたいでなんか失礼じゃない?」

                    と違和感を感じてた。

                    でもまあ、実際そうなんだよね。

                    やめてくれる決意をしてくれてアリガトー!!!

                    長い間お世話になってお疲れさまだけど、

                    やっぱ退いてくれた方がこっちやりやすいんだわー!

                    下から別の誰かが入るポストが一つ空いて助かるー!

                    だからその決意をしてくれた事に感謝とねぎらいを込めて、

                    花道作ってお祝いの会やっちゃうよー!

                    ぶっちゃけ(by俗にいうキムタク)そういう事なんだよね(笑)

                    勇退、というだけあって

                    第一線を「退く」ことには「勇気」が要るんだな。

                    そっちもわかるお年頃になって来た。

                    活躍して来た過去に、自負もある。

                    やっぱりそこ(現場)に居たい。

                    それでもこらえて後から来る人々のためにと

                    一歩退くってなかなかキツいこと。

                    だってまだ充分出来るのに!

                    成功して来たやり方があるだろう。

                    こうすればうまくいく、という方法論も、

                    ここはこうすべき、という先人から伝えられて来た道もある。

                    まだまだ自分がやれる事はあるのは事実。

                    頭が回れば回る人ほど、健康でパワーがある人ほど

                    「退く」決断ってしにくそうだ。

                    いつまでも頭が回ってるから、周りが崇めるばかりで

                    主軸の世代が伸びない→辞めれない

                    っていう循環もあるだろう。


                     

                    せっかくここまでの人生、

                    その実力で皆を牽引し実績を残して来たのに

                    退き時を見誤ったせいで

                    「ああ めんどくさいなあ、早く居なくなってくれないかなあ」

                    なんてだんだんと周りに持て余されるようになってしまうなら、

                    そんな悲しく切ない事ってない。

                    いままでの素晴らしかった事まで

                    「面倒な事」の一部になってしまう。

                    頭が切れるひとほど実は、

                    自分がそういう求められていない存在になりつつあることに

                    薄々感づいているとも思う。

                    時は流れ人の心は動いていく。

                    良くも悪くも。

                    自分が真ん中に居た時代は過ぎてしまった。

                    さてそこでどうするのか。

                    こんなはずじゃない、

                    若い世代のやり方が間違ってるんだ、もっとこうだと

                    食い下がって、それが更に伝わらなくて焦って、

                    結果また面倒な存在になって行くという悪循環に陥るのか。

                    すっと現場から一歩なり半歩なり引いて

                    そこから自分のやり方を後陣に静かに見せて、

                    求められたらその場所に赴くやり方に切り替えるのか。

                    そこでの決断にこそ「勇気」が要るんだろう。

                    今回の騒動できづいた、
                    悪循環の中で若いもんに迷惑をかけ、邪魔をしている人々を見ると

                    非常に残念な気持ちになるのよ。

                    みんな若い頃はそれなりに第一線で輝いてたのに!ってね。
                     

                    言っちゃあれだが行く先のほうが短いその年で

                    過去の栄光すら「なし」になるような事するの、
                    寂しいからやめて欲しいなあ、って思うの。


                     

                    お年寄りはいたわりたいし尊敬もしたいけれど、

                    これじゃあね、と思っちゃう事が多い。

                    (いたわって欲しいとも思ってないとこがまた…アレですがね笑)


                    いたわってもらえる存在に自ら持ってく、

                    ってのも年を取ると大事な事なんだなと感じる。

                    これから自分も行く道にある問題として、

                    この高齢化社会において『勇退』って

                    大事なテーマじゃないだろうか。

                    上手な「ステージ」の移行。

                    ただ、皆がみんなすべてから引退・隠居されても

                    これまた高齢者が暮らすにに困るし、

                    若いもんの負担も増えちゃう。


                     

                    要するに、心持ちと言うか引き下がり方、なんだよね。
                     

                    その人・その場合でそれぞれだから

                    なにがどういい、なんて今は決めつけて言えない。

                    60過ぎても70過ぎても若い世代とともに

                    上手にやってる人だっているからさ。

                    芸能人で言うなら、

                    タモさんはフジから引導を渡されたとはいえ、

                    とても上手にいいタイミングで第一線から身を引いたなって思う。

                    ああなるには仕事一本じゃなく

                    趣味をたしなみ人生も楽しむ余裕があるからこそ

                    なし得た事だよね。

                    その辺のバランスとかもまさにロールモデルじゃない?

                    まあ、私は第一線になんて居ないのでそこまで引き際が

                    重要ではないけれど、それでも

                    ケースバイケース、その場面でちゃんと判断できる

                    年寄りにならないとなあ、と

                    そんな事まで考えてしまう今日この頃なのでありました。

                    JUGEMテーマ:日常 

                    11:40 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
                    熊本の地震…お見舞い申し上げます。
                    0

                      久しぶりのブログ更新です。

                      まずは熊本で大きな地震の被害に遭われた方々に
                      心からお見舞い申し上げます。

                      私の古くからのスマ友さんの実家が熊本で
                      ご高齢のご両親が住まわれているのです。

                      またその友人が「私の高校の同級生で中居ファンなのよー」と
                      紹介してくれた方とも、
                      離れていてあまり会えないけれど、もう15年以上のおつきあいで
                      彼女も熊本市内に住んでいてとても心配しています。


                      どちらもケガもなくおうちも大きな被害はなかったようですが
                      きっと度重なる大きな揺れでお家も傷んだだろうし、
                      割れ物など家具の片付けなども大変でしょう。
                      なにより精神的にとても堪えるしね…。
                      不意打ちの大きな地震が立て続けにが二回も来た上に
                      あんなに余震が続いたら心身とも本当に病んでしまうよ。
                      辛いと思います。



                      私も20年以上前になってしまいますが
                      北海道の釧路沖地震で震度6を2回経験しました。


                      北海道のおうちは冬に備えて基礎がしっかりしていて
                      屋根も軽いので倒壊する家屋はほとんどなかったので
                      全体の犠牲者も少なかったのですが、
                      私の住んでいたアパートも家の中はぐちゃぐちゃでした。
                      建物に横から何度もダンプがつっこんでくるような衝撃と音で
                      本当に怖かった。

                      結婚祝いに頂いたブランドものの揃いの食器はみんな割れてしまい
                      電子レンジも吹っ飛び、冷蔵庫の扉は激しく開いて
                      何かにぶつかり、へこみが出来てしまいました。
                      パパさんは仕事で何日も帰ってこなくなってしまい
                      一人家の中で靴を履いたまま、情けない思いをしながら
                      数日かかってべそかきながら割れ物の片付けをした思い出。

                      余震も恐いし、
                      テレビドラマなどの何かが割れる場面の音にしばらく敏感になり、
                      すっかり忘れるのにずいぶん時間がかかりました。


                      そんな経験を思い出すにつけ、
                      二度にわたり大きな被害を受けた友人はじめ熊本の皆さんを
                      思うと胸が痛くなります。


                      特にアパートが倒壊して亡くなったむすこっちと同じ年代の
                      若い学生さんたちを思うと胸が痛くて泣けてくる。
                      一年生なんて、入学して一人暮らし始めたばかりだったろうに。



                      まだ東日本大震災の傷も言えぬまま、
                      また新しくこんなに大きな被害が出るとは。


                      日本中どこにいたって自然災害から逃れる事は出来ない事を
                      思い知らされた気がします。
                      日常を日常として送れる幸せ、尊さを噛み締めて
                      過ごさなければなりませんね。


                      被災された皆さんに私が出来る事はあまりないけれど
                      これをきっかけに、自分と家族の地震の災害への備えを
                      見直す事も将来的に大切なことかなと思って
                      我が家の防災用品、備蓄食品を見直しておきました。
                      (案の定缶詰の賞味期限切れてた)
                      むすこっちにもいっておこう。
                      若いもんは怖いもの無しだからなあ…




                      時間がかかるとは思いますが
                      余震がおさまり、被災された皆さんに
                      いちにちも早く通常の暮らしが戻ってくるように祈っています。





                      ☆追記☆


                      TwitterとFBにも書いたのですが
                      今回被害のあった南阿蘇、と聞いて真っ先に思い出したのが
                      我が家お気に入りのお茶

                      茶房南阿蘇 二十四種」。


                      可愛いくまもんの缶に入ったの気に入ってます(^ー^)

                      コレ↓





                      被害がひどかった地域のようなので通常営業できるまでに
                      時間がかかるだろうと思います。

                      香ばしくてホント美味しいのー。
                      落ち着いたら、是非お試しあれ。


                      そのお茶のことUPした記事あったので貼っときます。
                      ​当時の記事、ちょっとリンク先が間違えてたみたいだったので
                      修正しておきました。

                      →​「♪くまもんの健康茶♪





                      JUGEMテーマ:災害
                      13:54 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |