*はなのかふぇ*

イラストレーター&主婦な日々を綴ります
SMAPとかわいいもの、あまいものがすき。

☆HP☆   http://hananocafe11.com

♪リンク張るときは一言連絡してねっ♪

♪ イラスト・写真は無断転載・複写・無許可で使用はしないでねん、お願いっ♪

  Copyright(C)Kaori Hashitsume. All Rights Reserved.
<< ♪ゴールドディスクアルバム賞と中居くんのこと♪ | TOP | ♪ママ友同窓会♪ >>
♪未知との遭遇〜衝撃の紅茶〜♪
0

     

    東京で美味しいもの三昧シリーズの番外編。

     

     

     


    いつものナカイ仲間とこの日は
    『ナカイの窓』の「キャスティングの窓」の回で
    中居くんが悪ふざけして鈴木奈々ちゃんのお友達を
    ドッキリに引っ掛ける、と言うロケが行われたお店に行って
    お茶してきましたww

    そこまで行くかって?

    行くんです。

     

     

    隠れ家的な良いお店でした。

     

     

           

     

     

    おお、見た見た、テレビでみたぞ。

     

     

    ここに誰々が座ってて、

    ここに簡易の壁を作って飛び出して来たのね…

     

     

    なんておしゃべりしつつ。

     

     

     

     

    ここも、いたいた。なんていいつつ。

     

     

     

     

     

    まあ、ロケのことでも盛り上がったんだけどさ。

     

    それよりちょっと、私 衝撃体験。

     

     

     

     

    ここは本来、コーヒーが美味しいお店なのだそうだけれど

    この日、みんなで散々飲み食いした後だったので

    軽くお紅茶でもいだたきましょか、って感じで

    みんなでポットの紅茶を飲むことにしたの。

     

     

     

     

     

    紅茶は二種類。

     

     

     

    ダージリンと、

     

    「ラプサンスーチョン」

     

    という、

    なんかどこかの国の首相みたいな名の紅茶の二択。

     

     

    名前の下に、

     

    (独特なスモーキーな味と香は一度飲んだら忘れられません)

     

    と書いてある。

     

    アッサムがあれば良かったな…って思って、

    じゃあこっちかなぁ、

    と私だけがこちらの紅茶をオーダーした。

     

     

    これがね、ほんと。

    書いてある通りだったわ。

     

     

    一度飲んだら忘れられません。

    飲んでなくても、一緒にいた友達も忘れないと思う。

     

     

    とにかくすっごい匂いなのだ…腰抜けた。

    ドッキリのロケ地でこっちがドッキリ㊙報告ー♪

    小野ヤスシが赤いジャケットでやってくる。

    昭和過ぎてわかる人が限られる例え。

     

     

     

    友達に、「これすごい…」っていったら、

    「飲んでなくてもここまで香りがくる!すごい!」

    「いつも保守的なくせになんでそれ注文するのかと思ってた」

    「なぜ冒険した」

    などと言われる。

     

     

     

    友達がスマホで調べてくれたら、

    これは大変に貴重で、高貴な紅茶だと言うのだ。

     

     

     

     

    今、改めて検索したら一番上に

     

     

    「正山小種」なんて出てくるので

    「しょうざんこだねって誰だよ歌人かよ お呼びじゃないよ」 

    と思ったら和名がそういうらしい。

     

    子種=スーチョンで、等級の一種なんだと。

     

     

    世界で初めて作られた、紅茶の元祖なんだそうだ。

    薬として用いられるほど、体にいいらしい。

     

     

    わかる!!!!!!

    わかるよ!!!!!

    絶対に体にいいってこと!!!

     

     

    なぜなら…

     

     

    その馥郁たる芳香、日本人なら誰もが知るであろうあの

     

     

    正露丸

     

     

    そっくりなのであった。

     

     

     

     

     

    パッパラパッパ パッパラパッパ  パーッパパッパッパー♪

     

     

     

    今は正露丸糖衣錠などという甘やかされたものが主流だが

    私は生々しいあの黒いぽろぽろした正露丸を知っている。

    「虫歯に詰めとけ」

    という暴虐な処置を大人から提案された世代だ。

     

    まさにあのびんのふたを開けた時と同じ芳香が

    鼻に抜け広がりますよ…

     

     

    でも、紅茶王国イギリスでは大変に人気で、

    王室に献上されるほどの高貴なものだと言う。

     

    限定された地域でしか生産されず、

    製造過程にも手間もかかるからなんだって。

    イギリスで淹れると水が硬質で正露丸が和らぐらしい。

     

    たしかに、一緒に添えられていた甘いフィナンシェと一緒に

    頂くと合うかもしれないような気がした。(婉曲)

     

     

    クセになる、って言うのは、わからなくもないかんじ。

     

     

    いやあ、でも、この年になるとなかなか

    未知との遭遇、衝撃体験ってしないので、

    良い経験になりました。面白かったー!

     

    写真あれば良かったんだけど

    衝撃過ぎて撮るの忘れちゃった。

    こすったら正露丸の匂いする写真があればなお良かった。

     

     

     

     

    こちらのお店はとっても美味しいコーヒーを出されるので

    有名だそうなので、きっとこの紅茶もクセはあるものの、

    正しく美味しく入れてくださっているのでしょうね。

     

     

    しかし、これとダージリンの二択というチョイスは

    静かで落ち着いた店内、

    優しげなご主人という雰囲気からすると

    結構攻めてますよね(笑)さすがは本格派。

     

     

     

     

     

    正露丸風味のしょうざんこだね こと(違う)

    ラプサンスーチョン、

    紅茶を好みチャレンジも厭わない

    「紅茶の三浦雄一郎」

    「味の植村直己」

    を自称する方は是非。

     

     

     

     

     

     

    (これ、お茶に詳しい人が読まれたら怒られるだろうなあ…)

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

    11:23 | SMAP | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hananocafe11.com/trackback/1679
    トラックバック